たわしは握ると痛い

黒歴史の創生

もやしの豆の部分だけ取って食べる派

俺の名前はポチせんべい。特に何の取り柄もない高校1年生だ。

今日は4月3日、つまりは俺が入学する「県立爪切(つめきり)高校」の入学式である。

爪切高校(略して爪高)は偏差値が高くも低くもなく、俺の家から歩いて20分という、まるでこの爪高に入ることを運命付けられたかのようだった。しかも風の噂によると可愛い女の子も多いとか何とか………ムフフ。

高校生生活初日から色々な妄想をフルスロットルに稼働させつつパンをかじってると、外から聞き慣れた甲高い声が俺の鼓膜を劈(つんざ)いた。

 

「ポチくーん!!早くしないと入学式遅れるでしょー!!」

 

「分かってるっての!てかうるせえよ!き…深爪!」

 

「分かってるなら早く支度しなさいっての!あとキリちゃんって呼べ!」

 

あのいかにもおしゃべりが好きそうでお節介焼きなアイツは深爪切子。家が隣って事もあって、物心ついた頃から家族ぐるみでずっと一緒に遊んでいた。いわゆる幼馴染ってやつだ。

俺も小さい頃はキリちゃんキリちゃんと呼んではいたけど、その…もうそんな歳でもないし周りにもからかわれるって事でその呼び方はやめた。はずなのだが、切子は頑なにそう呼ばせようとしてくる。そのくせ他の男子にそう呼ばれるのは嫌がっているらしい。何でだよ。

第一まだ時間には余裕が…と、ふと切子が今日の入学式で新入生代表として挨拶を任されていたことを思い出した。その打ち合わせのために、30分早めに到着していなければならないのだ。

何で俺まで一緒に行かなくちゃいけないんだとは思ったが、一週間前の俺はあまりの眠気に一緒に登校する事をほぼ無意識に了承してしまっていた。

食べかけのパンをそのままに、急いでカバンを持って家を出る。

家の外では切子が腰に手を当ててふくれっ面で仁王立ちをしていた。お前はいつの時代の人間だよ。

 

「遅い!筆記用具持った?ハンカチとティッシュは??」

 

「お前は俺の親かっての、全部持ってますよ」

 

「ならよーし!」

 

幼い頃から続く母親まがいのお節介ゾーンを終え、切子と俺は学校へ歩き出した。

 

「聞いてよポチくん!マキちゃんたらこの前ね………」

切子のマシンガントークを聞き流しつつ、俺は考え事をしていた。

切子は新入生代表として挨拶を任されるほどの優等生だ。切子の頭なら、もっと進学校である爪水虫高校にも行けたはずなのだ。にも関わらず切子は今俺の隣を同じ道のり、同じ制服を着て歩いている。

 

「……でね…って、ポチくん聞いてる?」

 

「…あのさ、k…深爪。」

 

「キリちゃん!で、何よいきなり。」

 

俺は思ったことをそのまま切子にぶつけてみた。

 

「何でお前頭いいのに爪高に入学したの?」

 

「…………へぇっっっ!?!?!?」

 

「うおっ!?」

 

いきなりの大声に俺は思わず尻餅をついた。

切子の顔はみるみるうちに赤くなり、目はぐるぐる、顔からは湯気が出ているような錯覚を覚えた。てか本当に湯気が出てないか、これ?

 

「いや、あの〜、その〜…そう!家!家から近かったから!!!!」

 

「いや、爪水高も同じくらいの距離じゃん…。」

 

身体を起こしながらさらに追及する。俺の探偵EYEはターゲットを捉えて離さない。

 

「えっ!?そうだっけ……じゃ、じゃあ雰囲気!!あそこの雰囲気堅苦しくって、楽しくなさそうだし!!!」

 

「…なるほど。」

 

確かに一理ある。

切子は見ての通り明るくて、冗談が好きで、スポーツが得意で、切子といるとこっちまで楽しくなって、ポニーテールがよく似合ってて…って違う違う。俺は何を考えているんだ。

と、とにかく、確かにあの進学校特有の雰囲気は切子には合わないかもしれない。俺の探偵EYEは追及をやめた。

 

「そういう事よ!それに爪高なら…またポチくんと一緒に居られるし…

 

「爪高なら…何だって?」

 

「何でもない!!!もう!!!早く行くよ!!!」

 

「えっ!おい俺なんか変な事言った?!待てって!ちょっと!!」

 

 

何故か顔を真っ赤にしながら足早に歩みを進める切子に、俺は1テンポ遅れて追いかける。

 

高校生生活初日からこんな感じなんて、これから3年間はもっと大変な事になりそうだ、言葉とは反対に笑みが溢(こぼ)れている事にポチせんべいは気づいていなかった。

 

 

つづかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深爪は痛いって話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

JRは揺れが強いからきらい

みなさんこんにちは

 

最寄駅から歩いて10分のポチせんべいです

 

ポチせんべいから15分くらい歩くとセブンイレブンがあります

 

セブンから20分くらい歩くとミニストップがあります

 

この時ミニストップからポチせんべいまでは何分かかるでしょうか

 

 

ワックスつけるの下手すぎて後頭部全く上手くセットできない

みなさんこんにちは

 

最近何ともない日が続いて何ともない感じのポチせんべいです

 

今日は革靴でDDRをやったら痛かったので靴下でやったらもっと痛かったのでやめました

 

それだけです

 

さようなら

デッカい男はビッグマン

こんにちは、ポチせんべいです。

 

今まで好き勝手書いてきたこのブログですが、最近というか一年前くらいから飽きてきて書く気が無くなったので閉鎖というか放置します

 

今までも放置はしてきましたがここでキッパリと放置宣言しないとなんか心がモヤっとボールだったのでこういう形で書きました

 

飽きたというのも理由の一つなんですけど、正直ここで書かなくてもTwitterやってるしそっちで書けばいいやんってなったし、はてなブログなんかでは俺みたいなビッグすぎる人間は手に負えないだろうと思ったので自ら身を引いたというのも理由の一つです

 

人間誰しもビッグな人間になりたいと思うものですが、自分ほどビッグになりすぎるというのも大変です

 

ワンピースでもルフィがビッグマムと戦ってるとかなんとかってお友達が言ってたしビッグな人間なら誰しもが抱える問題なんだなとも思いました

 

ビッグすぎてビッグって名前がついた食べ物を見るとたとえあまり美味しくなさそうでも注文して後悔しちゃうし、マクドナルドに行ってもいろいろ悩んだ挙句いつもビッグマックのセット頼んじゃったりと、ビッグな人間ならではの悩みというのも多いです。

 

ビッグな人間の何が大変かを書いてきましたが、良いことももちろん沢山あります

 

良いところその1

なんかかっこいい

言わずもがな

 

良いところその2

なんかすごそう

言わずもがな

 

良いところその3

とりあえずビッグって言っとけば何とかなるし誤魔化せる

JOKER

 

他にも良いところは沢山あるんですけど、思い付かなかったのでこのくらいにします

 

大は小を兼ねる、という言葉があるようにビッグであることはスモールであるより得になるわけですね

 

俺は巨乳より貧乳派ですけど

 

みなさんもビッグな人間になれるように頑張ってくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでレポート書くときは言葉が出てこないのにブログだとサラサラ出るんでしょうか

 

 

 

冬は寒すぎてサムサムサンバディトゥナイになる

半年くらい空いたブログの更新をしますこんにちは

 

なぜ半年空いたかってそりゃあ面倒だったから以外の何物でもないです

 

FGOドラクエライバルズのログインボーナスだけゲットして今まで生活してきましたポチせんべいです

 

 

 

 

寒いですね

 

僕も寒すぎてサムスアランになりそうです

 

寒すぎてサムスアランになるって大変そうですよね

 

毎年寒い日に女体化してボンキュッボンの金髪碧眼になっちゃうとか大変そうじゃないですか?僕はとても良いと思います

 

たった1日で性別が変わるとか想像したらなかなか怖いですよね

 

寝てる間に骨とかアレとかボコンボコンいいながら変わっていくの想像したらなんかアレになってきました

 

録画して撮りたいですね

 

 

自分は寒さとかあまり苦ではないタイプの人造人間なんですが、こうも寒いとやはりキツイものがありますね

 

寒さを通り越して痛いというか、どうしようもない震えとかきて僕も周りから見たらヤベー奴じゃんと思われかねないような震え方しちゃいます

 

寒すぎてサムスアランになるのも頷けます

 

よく

「寒さは厚着とかして我慢できるけど、暑さは裸になってもどうしようもないよね〜」みたいな例えする人がいますが、寒さ対策には服の着用が許されてるというのに暑さ対策では何の使用も許されてないのは卑怯だよなと思います

 

クーラーや扇風機くらいは上げても良いのにね

 

あと暑さ対策に裸になる前提で話し始めてくる人は変態だと思う

 

 

 

人は生きる上で二択を迫られることが多々あります

 

買うか買わないか

 

きのこ派かたけのこ派か

 

暑がり派になるか寒がり派になるか

 

イケメン御曹司になるかサムスアランになるか

 

僕はたけのこ派で寒がり派でサムスアランですが、選択は人それぞれ違いがあります

 

みんな違って、みんないい

 

 

 

ラブアンドピース

 

 

 

みんな寒すぎてサムスアランになろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話コレ

 

 

 

 

 

 

 

今回は久し振りにブログ書いたから書き方忘れて何書いてるのか途中から訳分からなくなった話

 

 

モテるやつは何かモッテる

モテたい

 

この感情は男女関係なしに誰しもが持つものであろう

 

彼氏が欲しい

 

彼女が欲しい

 

これは人間の本能が囁きかけてくる言葉だ

 

思春期を迎えた人はみんなモテたいと思っているはずだ

 

たまに見かける「別に彼氏(彼女)とか興味ないし邪魔なだけだろ」とか言っちゃう人は大抵脳内ムッツリ性欲無尽蔵ゴリラ原人なのだ

 

そういう奴に限って週4くらいであんなことやこんなことを1人こっそりやっているのだ

 

そうに決まっている

 

俺はモテたい

 

俺は顔はとてもじゃないが整っているとは言えない

 

悪く言っても速水もこみちくらいだ

 

そのせいか女の子と話すことはあっても恋に発展することはない

 

俺は速水もこみちなのに

 

勿体無いなぁ

 

 

どうやったらモテるのか

 

たまに考えることがある

 

 

面白いキャラを演じればいいのだろうか

 

モテるやつは大抵面白いし

 

ただキャラを演じるためにはある程度女の子と仲良くなっていることが前提である

 

仲良くないのに面白いことをやろうとしても女の子からはただのキモいやつだと思われて終わりである

 

これは非常にハードルが高いからダメだ

 

 

女の子に優しくすればいいのか

 

モテるやつは大抵誰にでも優しいし

 

だがこれも同じくある程度の期間女の子たちに接触しなくてはならない

 

顔面がやばいやつが優しくしてもただキモいやつが近づいて来たと思われるだけだ

 

これも実現は難しい

 

ここまで考えて俺は気づいた

 

 

モテるやつはイケメンだ

 

 

イケメンであればある程度の行為にも免罪符が付く

 

イケメンが女の子の前で失敗やドジをしてもイケメンだからむしろ「ドジっ子なんだなぁ…」と好印象を与えられる

 

ブサイクがドジをすると「使えないクズ野郎」と悪印象の2乗くらい与えられる

 

イケメンはせこい

 

俺たちにないものを持ってやがる

 

何もしていなくても女の子たち(男の子たち)がやってくる

 

ゴキブリホイホイかよ

 

これからはイケメンなこと歩くゴキブリホイホイって呼ぼうかな

 

そうしよう

 

やーいゴキブリホイホイ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にてえな

 

速水もこみちの横空いてますよ

 

今回はイケメンが羨ましすぎて顔が速水もこみちになった話

 

 

エンヤコラコラどっこいしょっハァ〜〜〜〜〜〜

春から夏になり始めて暑い暑いと壊れたファービィのように呟いてるみなさんこんにちは

 

学校では新学期、社会では新生活が始まって2ヶ月が経とうとしている人も多いのではないでしょうか

 

私は新学期が始まったワクワクドキドキの一年生の新歓をエサに安い金で焼肉を食べたりしていました

 

美味しかったです

 

 

焼肉には不思議な力があります

 

焼肉を食べてる旨のツイートをすると様々な所から「殺す」「焼肉を食べられない人の気持ちを考えろ」「牛フン」と恐ろしい言葉が飛んでくるからです

 

焼肉には人の闘争心を昂らせる力があるのではないでしょうか

 

人は大昔に狩猟生活をし、肉を喰らって生活していました

 

その動物的本能が人をそうさせるのでしょうか

 

人は肉の事になると性格がガラッと変わります

 

普段温厚な人も焼肉の写真を見せれば阿修羅のように怒り、普段から元気な人に見せれば悪鬼羅刹の如く暴れ狂う

 

焼肉こそが人を争わせる原因なのでしょうか

 

焼肉が無くなれば世界は平和になるのでしょうか

 

世界はYakiniku of Warに突入しようとしているのでしょうか

 

 

私は恐ろしいのです

 

人をこんなにも変えてしまう焼肉が恐ろしいのです

 

もし焼肉を奢られたりでもしたら私は死んでしまうでしょう

 

あー!!!!焼肉が怖い〜〜!!!!奢られると死ぬ〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

奢られたら死んじゃうな〜〜!!!!!

 

1ヶ月前に焼肉行く予定立てられたら予定あけちゃう〜〜〜〜!!!!!

 

 

平日でも土日でも全然いいよ

 

 

今回はそんな書くことがなさすぎてここまで読んだ人を後悔させる話

 

 

 

 

 

 

ハラミが好きです