読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわしは握ると痛い

黒歴史の創生

年末

今年もすでに年末である

 

年末というと、クリスマスに大晦日と年に一度しかないらしいなんかすごい日が次々とやって来る

 

子どもはクリスマスプレゼントをもらえたと思ったらすぐに親や親戚からお年玉という献金を受けることができる

 

いいなあ

 

ちなみに俺は二十歳なので貰ったら違法献金になっちゃうらしいです

 

大人は大人でクリスマスに彼氏彼女とイチャラブしまくって大晦日にはどちらかの家に集まってガキ使を見ながらイチャラブする

 

死なねえかな

 

 

そんなわけで子どもの皆さんはお年玉を待ちわびている

 

お年玉にはポチ袋が付き物ってことで俺の王国であるホームセンターのレジ横にもポチ袋が置いてある

 

そんな俺は12月24日の今日も政(まつりごと)をしていたわけです

 

すると天使みたいにめっちゃ可愛い幼女と母親の親子が会計をしにレジへ来た

 

 

母親「お願いしまーす」

 

俺「いらっしゃいませ〜」ピッピッ

 

俺「以上でお会計3687円頂戴いたしますー」

 

幼女「ねぇママ!これお年玉!」

 

母親「これはお年玉を入れるポチ袋って言うんだよ」

 

幼女「ポチ!!!!(満面の笑み)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっ

 

 

 

 

 

 

 

 

危なかった

 

 

 

危うく意識が飛ぶところだった

 

 

 

危うく「いかが致しましたかお嬢様」って言うところだった

 

 

マジで衝撃が走ったね

 

ポチって名前が耳に入った時レジを打つ手が止まったもん

 

母親「ポチじゃなくてポチ袋だよ」

 

幼女「だーってふくろって漢字習ってないもーん!ポチ〜!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天使か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチってハンドルネームにしてよかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が癒された

 

バイトなんて何もいいことがないと思っていたけど

 

たまには良いかもなあ

 

 

 

 

パートのババア「みんなクリスマスでバイトの子休んでるのにポチくんはバイト来るんだね」

 

俺「ハハハ」

 

 

 

 

殺してやろうか