たわしは握ると痛い

黒歴史の創生

終わりの始まりは結局終わり

春休み

 

小学生から高校生にとっては休日の少ないただの連休のようなもの

 

しかし大学生にとっては2ヶ月という暇を持て余して持て余しすぎて時間系能力者になりかけることもある期間

 

現に俺も、今までは夜に寝て起きると朝だったのが、今では昼に起きる能力を手に入れてしまった

 

春休みというのは人を変えてしまう

 

今までは真面目に夜更かしもあまりせず朝もしっかり目覚め、勉学に励んでいた

 

だが今は朝4時に寝、12時に起き、勉学ではなくオーバーウォッチをやり、さらにはモンハンxxまで発売してしまいこの生活に拍車をかけてしまっている

 

まるでダメ人間ではないか

 

非常にまずい

 

このままでは元の生活に戻れない

 

しかもまだ俺の大学では成績発表がされていない

 

単位が取れているか不安なまま2ヶ月という長い時間を生きなければならない

 

単位マジ大丈夫かな

 

不安しかねえなあ

 

これは拷問にも等しい

 

そして俺の春休みはもうそろそろ終わりを告げる

 

この堕落しきった生活と別れを告げ、規則正しい生活と向き合っていくことになる

 

このままじゃダメだと自分を律しつつも夜更かしを続け

 

運動せねばと散歩を計画するも眠気により断念し

 

勉強するかと自分を鼓舞してもps4に目移りしてしまう

 

そんな生活から逃げ出すことができるのだ

 

これで元の正しい自分に戻れるのだ

 

嬉しい

 

嬉しいはずなのだが何か違う

 

あの頃の生活を続けたい

 

そう思う自分もいる

 

 

そうか

 

 

これが

 

 

 

悪役が何だかんだあって改心して最後主人公たちの味方になるやつか

 

 

こんなに罪悪感に苛まれていた生活が

 

こんなに楽しかったとは

 

ありがとう、堕落生活

 

さようなら、堕落くん

 

またね、堕落ん

 

 

今回はそんな自分と向き合う話

 

 

 

 

 

 

 

パートのババア「ポチくん学校の単位大丈夫なの?」

 

俺「結構やばいかもしれないですね」

 

パートババア「え、彼女もいないのに単位やばいの?」

 

俺「ハハハ」

 

 

 

お前ほんとシバいたるからなシワ増やすぞ