たわしは握ると痛い

黒歴史の創生

モテるやつは何かモッテる

モテたい

 

この感情は男女関係なしに誰しもが持つものであろう

 

彼氏が欲しい

 

彼女が欲しい

 

これは人間の本能が囁きかけてくる言葉だ

 

思春期を迎えた人はみんなモテたいと思っているはずだ

 

たまに見かける「別に彼氏(彼女)とか興味ないし邪魔なだけだろ」とか言っちゃう人は大抵脳内ムッツリ性欲無尽蔵ゴリラ原人なのだ

 

そういう奴に限って週4くらいであんなことやこんなことを1人こっそりやっているのだ

 

そうに決まっている

 

俺はモテたい

 

俺は顔はとてもじゃないが整っているとは言えない

 

悪く言っても速水もこみちくらいだ

 

そのせいか女の子と話すことはあっても恋に発展することはない

 

俺は速水もこみちなのに

 

勿体無いなぁ

 

 

どうやったらモテるのか

 

たまに考えることがある

 

 

面白いキャラを演じればいいのだろうか

 

モテるやつは大抵面白いし

 

ただキャラを演じるためにはある程度女の子と仲良くなっていることが前提である

 

仲良くないのに面白いことをやろうとしても女の子からはただのキモいやつだと思われて終わりである

 

これは非常にハードルが高いからダメだ

 

 

女の子に優しくすればいいのか

 

モテるやつは大抵誰にでも優しいし

 

だがこれも同じくある程度の期間女の子たちに接触しなくてはならない

 

顔面がやばいやつが優しくしてもただキモいやつが近づいて来たと思われるだけだ

 

これも実現は難しい

 

ここまで考えて俺は気づいた

 

 

モテるやつはイケメンだ

 

 

イケメンであればある程度の行為にも免罪符が付く

 

イケメンが女の子の前で失敗やドジをしてもイケメンだからむしろ「ドジっ子なんだなぁ…」と好印象を与えられる

 

ブサイクがドジをすると「使えないクズ野郎」と悪印象の2乗くらい与えられる

 

イケメンはせこい

 

俺たちにないものを持ってやがる

 

何もしていなくても女の子たち(男の子たち)がやってくる

 

ゴキブリホイホイかよ

 

これからはイケメンなこと歩くゴキブリホイホイって呼ぼうかな

 

そうしよう

 

やーいゴキブリホイホイ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にてえな

 

速水もこみちの横空いてますよ

 

今回はイケメンが羨ましすぎて顔が速水もこみちになった話